性欲を刺激する魅惑の香り
「ボディセンス」を徹底解析

ボディセンスの使い方・購入方法・安全性まとめ

ボディセンスは香水タイプの女性用媚薬の中でも、類似品とは比べものにならない満足度を得ている話題のアイテムです。
男性フェロモンの届く範囲を広げるブースターによって、想像以上に周囲の女性からの反応が変化すると評判になって大ヒットしました。

この記事では使用上の注意や配合されている成分の安全性についてわかりやすくまとめています。

ご購入を検討中の方はぜひこちらの解析をご一読ください。

ボディセンス
の検証結果のまとめ

ボディセンスのイメージ画像画像提供:公式サイトから引用
香水タイプ
強さ
A
即戦力
S
販売実績
A+
安全性
S
成分内容
A+
総合評価 434/500
公式価格(税込) 6,820円

ボディセンスはクリームタイプの塗って使う香水型媚薬です。
女性用媚薬の中でも、香水タイプでは満足のいく変化を得られないと思っている方が多いのではないでしょうか?
たしかに飲むタイプ・局部へ直接塗るタイプに比べると、香りだけでアプローチするので威力の弱い面があるのは事実です。
しかし、ボディセンスは香水型媚薬の品質を徹底的に高めたことで、従来品とは比べものにならないほどの満足度を獲得して話題になりました。
こっそり飲み物に媚薬を垂らすタイプの使用に抵抗がある方をはじめ、香水型媚薬は意味がないと思っている方も検証結果の詳細を最後までご覧になってみてください。

期待できる主な作用
  • 女性好みの香りでワンランク上の男性を演出
  • 男性のフェロモンを増幅
  • 嗅覚から女性ホルモンの分泌を促す
  • 女性の無意識な生理反応・行動反応を促す
  • 女性の警戒心を和らげる
  • 他社製品よりもフェロモンの届く範囲が広い
ボディセンス公式バナー
ボディセンスの
体験はこちらから!

ボディセンスで虜にした女性を更に感じさせるには、適切な大人のおもちゃを使っていくことも効果的です。
前戯に使えるグッズだけではなく、挿入時に使って二人で楽しむことができるアイテムもおすすめです。

大人のおもちゃランキング 大人のおもちゃランキング

基本的な仕組み

ボディセンスのスクショ画像提供:公式サイトから引用

ボディセンスに限らず、女性用媚薬として流通しているフェロモン香水は、主に男性フェロモンである「アンドロスタジエノン」という物質を人工的に作り出しています。
見た目・トーク力・経済力はイマイチなのに、やたらと女性からモテる男性や良い思いをたくさんしている男性が周りにいませんか?
こうした男性はフェロモンで女性を引き寄せているという共通点を持っています。
フェロモン香水は意図的にモテ男と同様のフェロモンを放つことで、女性から好印象を持たれやすくなることが基本的な仕組みです。

ここまでは類似品にも共通していることで、ボディセンスは更に男性フェロモンを増幅させる「センスフィール」という素材でパワーアップさせています。
男性フェロモンは男性自身が実感できるものではなく、香水タイプの女性用媚薬を使う場合は関係を持つ前の女性と近い距離で接する必要があります。
そのため、従来の商品は満足のいく結果や変化を実感しにくい問題点がありました。

ボディセンスは、男性フェロモンの届く範囲を広げているため、多くの利用者が満足のいく結果を得ています。
デートする女性だけではなく、職場や学校などで接点のある女性からも好印象を持たれやすくなりますよ!
2種類のアプローチで男性フェロモンを増幅させるブースターによって、周囲の女性からの反応が変わると評判です。
香水タイプの中ではトップレベルに強力なので、自分に自信を持てるようになり、女性の判断力を鈍らせるなど幅広い相乗効果を得られます。

老若男女問わず口コミ評価が高い

香水の香りは年齢と性別で好みが分かれますが、ボディセンスは口コミで老若男女問わず高い評価を獲得しています。
無難で嫌いな人が少ない香りなので、加齢臭対策をした年配の方からオシャレをしたい若者まで、幅広い層から好評です。
男性からの評判もよく、友人・知人から使っている香水の種類を聞かれることも多いそうですよ!

また、女性の美容専門家100人が集まる「美の祭典」というイベントでアンケートを実施したところ、93%が「良い匂い」、「魅力的」と回答する結果を得ています。
男性用香水の中でも香りの評判が良く、不快な匂いに感じる人がほとんどいません。
スプレータイプではなく、クリームを指に付けて薄く塗るだけですので、付けすぎて失敗するリスクも低いですよ。
初めて女性用媚薬を使う超初心者の方でも、使い方が簡単なので手軽に活用できるおすすめアイテムです。

他の媚薬との併用に便利

強力な女性用媚薬はドリンクに少量を垂らすタイプが人気です。
しかし、隠れて飲み物に媚薬を入れる行為を見られると、犯罪行為だと勘違いされる恐れがあり、それなりのリスクもあります。
相手の同意を得られるのであれば問題ありませんが、常識ある人なら怪しい液体を飲み物に入れる交渉には抵抗を感じるものですよね?
ボディセンスを活用すれば、女性の警戒心が弱くなって判断力が低下します。
男性フェロモンによるアプローチで女性をうっとりさせれば、他の強力な媚薬を活用する難易度が下がりますよ。
それほど親しくない仲から一気に関係を発展させるキッカケを作りたい方は、他の女性用媚薬との併用を検討してみましょう!

ボディセンス
成分の詳細

ボディセンスのキャッチコピー画像提供:公式サイトから引用

食物由来の素材を中心に独自の調合によってセンスフィールを発生させています。
香りはムスク系で、ジャコウジカの生殖器とおへその間の麝香腺から出るゼリー状の液体を活用したことが発祥の香りです。
元は動物性の香料ですが、現在はジャコウジカの麝香腺を原料にした香水はなく、一般のムスク系香水・芳香剤を含めて全て人工的に作られています。
素材に特別な特徴はないですが、徹底的に女性から好感度調査を行って調合した人工香料と、男性フェロモンを増幅させるための食物由来の素材を独自のバランスで組み合わせることで、高い満足度を獲得しました。
ボディセンスには欠かせない存在の「アンドロスタジエノン」と「センスフィール」について詳しく解説いたします。

アンドロスタジエノン

アンドロスタジエノン

男性の身体から生成されるフェロモンで、本来は全ての男性が持っているものです。
汗・血液などから作られますが、これを体外へ放出できるかどうかに個人差があり、モテる男性はアンドロスタジエノンの分泌量が多いと言われています。
アンドロスタジエノンを嗅覚で捉えた女性は、自然と女性ホルモンの分泌が活発になってムラムラする仕組みです。
ちなみに、アンドロスタジエノンの香りは微香で、成人男性の60%・成人女性の40%は匂いを感じ取れないと言われています。
女性用媚薬特有の香りはムスクで完全に消されていることが、不快に感じられない香水として大ヒットを遂げた要因です。

センスフィール

センスフィール

センスフィールは「コレウスホルスコリ根エキス」、「チャ葉エキス」、「プロパンジオール」による3種の素材から人工的に作られたボディセンス独自の成分。
男性が本来生成できる男性フェロモンの分泌を促進できるため、元は人工的に作られた素材でも人間の本能へ刺激する自然なフェロモンを発生させて女性を引き寄せる仕組みです。
香水にも関わらず使う人の人体へ直接アプローチするため、従来からあった類似品とは比べものにならない変化を得られるようになりました。

公開されている全成分

コレウスホルスコリ根エキス、チャ葉エキス、プロパンジオール、ラノリン、ミツロウ、ワセリン、ミネラルオイル、セレシン、 マイクロクリスタリンワックス、エチルヘキサン酸セチル(ベヘン酸/エイコサン二酸)グリセリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、香料

おすすめの使い方と副作用

ボディセンスの使い方画像提供:公式サイトから引用

香水タイプなので使い方に特別な注意点はありません。
外出前にボディセンスを付けておくとよいでしょう。汗を大量にかく環境でなければ1日持続します。
気になる女性とその日のうちに関係を発展させたいと思ったら、デート終盤に適量を付け足すとよいでしょう。
液体タイプはカバンに入れて持ち歩くと液漏れを起こすリスクがありますが、ボディセンスはクリームタイプなので携帯に便利です。
できるなら毎日つけ続けることを推奨しますが、少ない予算で大きな収穫を得たい方はボディセンスを持ち歩いて勝負をかける時だけ使うとよいでしょう。
クリームタイプなので大量に付けすぎる心配はありません、指でなぞるように少量をとって、手首・首・耳の後ろあたりに薄く塗り広げてください

副作用について

人口香料と身体の中にあるフェロモン生成機能を活発にさせるための植物系素材で作られているので、副作用リスクはありません
普通の香水を使って肌荒れが起きたケースは聞いたことないですよね?副作用リスクは女性用媚薬以外の一般的な香水と同じだと思って問題ありません。
つけすぎると刺激を感じる匂いになることがあるので、少量を薄く塗って使うようにしましょう
クリームタイプなので多く取りすぎてしまった際は、容器へ戻すか複数の部位へ少量ずつ塗り広げるように使ってください。

ボディセンス公式バナー
ボディセンスの
正規品通販はこちらから!