D6催情剤の劇薬指定されている危険な蝿エキスを検証!

D6の検証結果のまとめ

媚薬のイメージ
液体タイプ
強さ
C
即効性
C+
販売実績
C
安全性
C
全成内容
C
総合評価 277/500
公式価格(税込) 4,028円

D6催淫剤を検証した結果を専門家がわかりやすいようにまとめてみました。

海外産ということで成分の詳細の記載もされておりませんし、日本では劇薬に指定されている成分ですから、気軽に利用していい女性用媚薬ではありません。

女性用媚薬を使った死亡事故は毎年見られますし、利用するのは自己責任でお願いします。
媚薬を購入する場合は避けておいたほうが良い商品であることは間違いないのかもしれません。
同じリキッドタイプの女性用媚薬では、後発のドロップ-Drop-のほうが安全性も効果も評価が高いです。

成分から見るD6催淫剤の期待できる効果を以下の通りにまとめてみました。

期待できる主な効果
  • 性病予防
  • 尿道を充血させる
  • 利尿作用

D6催淫剤の
成分の詳細

成分のイメージ

女性用媚薬で最も重要視したいのがやはり成分だと思います。成分は効果に直接関係するだけではなく、安全性にも関わっているので購入前に必ずチェックしておきたい項目です。

液体タイプの媚薬のD6なのですが、成分が3種類のみしか明記されていませんでした。 他にも様々な添加物などが配合されているはずなのですが、海外産ということもあって記載はされていないようです。
実際に配合されている「D6催淫剤」の有効成分の一覧は以下のとおりであります。

主な有効成分

スペイン蝿分泌強力催淫エキス、スペイン産天然媚薬ハーブinvermaエキス

INVERMAエキスについて D6の公式販売ページにはスペインで開発されたハーブから抽出されたINVERMAエキスが含まれているとされています。
このINVERMAというハーブなのですが、調査したのですがあまり情報がでてきません。 スペインなどヨーロッパで利用されているハーブらしいのですが、調査すると中東諸国でも同様のハーブを利用しているとされている媚薬が販売されているようです。

INVERMAで検索すると海外産のさまざまな媚薬の情報が表示されるのですが、サメのエキスであったり虫のエキスであったりする媚薬にもこのINVERMAという単語が使われているようです。 ORIGINAL INVERMAという表記がかなり多く見られることから、INVERMAとは単に媚薬という意味があるのであって、実はハーブの名前ではないのかもしれません。 このように海外産の女性用媚薬の一部では成分の記載が一部曖昧ですので、注意しておかなければなりません。

スパニッシュ蝿のイメージ

スペイン蝿分泌強力催淫エキス

スパニッシュ蝿とされていますが、実は蝿の一種ではなく、ハンミョウの一種の昆虫です。見た目はどことなく蛍のような感じですね。
毒素であるカンタリジンという成分を体内に蓄える性質があり、このカンタリジンが人間が摂取すると尿道を充血させてバイアグラのような効果を引き起こすとされています。 この昆虫の催淫剤としての歴史はかなり古く、紀元前まで遡ることができます。媚薬効果の他にも利尿・ 躁鬱病・性病・知覚麻痺などに効果があるとされています。 薬事法施行規則では、カンタリジンは強い毒性から、カンタリジン又はその化合物を含有する製剤(一部例外あり)が劇薬に指定されています。 致死量はわずか30ミリグラムとされていますので、気軽に一般人が利用していい成分ではないようです。 日本では安全性の問題からかなり規制されていますが、海外から簡単に個人輸入できてしまうのは問題があるのでは無いでしょうか。 利用する際には必ず一度に大量摂取することのないようにしてください。

使用上の注意など

ワイングラスのイメージ

効果的な飲むタイミングについて

D6の有効成分は生薬成分でありますので、食前30分前に飲むことをおすすめします。
水で飲むことが一番効果を体感しやすいと思いますが、お酒やジュースなどに混ぜても利用できるようです。
公式ページには、
セックスの10〜20分前に適量をドリンク又は水に混ぜて服用してください。数滴でも十分効き目がある強さです。1回15滴以上は服用しないでください
との記載があります。
成分が劇薬指定されている女性用媚薬ですので、責任をもって利用するようにしてください。

副作用について

INVERMAエキスやスパニッシュ蝿エキスはハンミョウ科の昆虫の粉末である可能性が非常に高いです。
中国では芫青と呼ばれ催淫剤(媚薬)として利用されたり発毛剤や利尿剤として利用されています。
有効成分はカンタリジンで、ヒトにおける致死量は約30mgとされています。
副作用としては口内の灼熱感、腹痛、悪心・嘔吐、下痢、吐血、血尿、低血圧症があります。 大量に利用する事で昏睡状態になってしまったり、痙攣が見られ呼吸障害で死亡する可能性がありますので使用にはくれぐれも注意するようにしてください。

このページは以下の著者によって監修・編集されました
著者のイメージ画像

さとうあゆみ元ポルノ女優を経て、自らの経験から女性の性の悩みのエッセイなどの執筆を始める。性体験や媚薬の体験談など赤裸々に公開する。

著者のイメージ画像

漢方生薬・専門研究家チーム媚薬に使われている成分の効果を海外の研究結果や論文を参考に、わかりやすくまとめる新鋭チーム。