脳を興奮させ性欲を上げる!
飲む媚薬を徹底比較!

成分徹底比較!
脳を興奮させる媚薬の最強を決定!

脳を興奮させる媚薬のイメージ

マカ・ムイラプアマ・トンカットアリ・ガラナなど、脳を興奮させるハーブが性に対し何らかの影響を及ぼすことは専門的な研究で明らかとなっています。
これらの成分が配合された最強の媚薬はどれなのでしょうか?

まずこれらの成分はカプセルや錠剤・液体など「飲む」タイプの媚薬に多く含まれています。
その中でも成分をぎゅぎゅっと濃縮した液体タイプが、使い勝手が良いことで口コミを中心に特に人気を集めているようです。

成分を徹底比較することで、脳を興奮させ女性の性欲を底上げするような最強の媚薬を割り出してみました。

ドロップEX-DropEX-

ドロップEXのバナー 全成分

デキストリン、マカ抽出エキス末、ムイラプアマエキス末、ガラナ抽出物、ココアパウダー、馬プラセンタエキス末、マンゴージンジャー抽出物、トンカットアリエキス末、トウモロコシたん白、グリセリン、プロピレングリコール、保存料(安息香酸Na、プロピルパラン)、増粘剤(カラギーナン)、ソルピトール、酸味料、シアノコパラミン

LOVE SHOT SP-typeL-

LOVE SHOT SP-typeL-のバナー 全成分

果糖ぶどう糖液糖、還元麦芽糖水飴、マカエキス、ザクロエキス、ヒハツエキス末、ガラナエキス、馬プラセンタエキス、大豆胚芽抽出物、トンカットアリエキス末、スッポンエキス末、シトルリン/香料、酸味料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸)、ヘマトコッカス藻色素、アルギニン(原料の一部に大豆を含む)

ハイパフォーマー

ハイパフォーマーのバナー 全成分

エリスリトール、ムクナ抽出物、マカエキス末、ニンジン抽出物、ガラナ抽出物、ローヤルゼリー末、亜鉛含有酵母、バコパモニエラ抽出物、マルトデキストリン、山羊胆汁、ビンカマイナーエキス末/エタノール、甘味料(キシリトール、スクラロース)、カラメル色素、香料、グレープフルーツ種子抽出物、DL-リンゴ酸、L-シトルリン、L-チロシン、カフェイン、V.B12

エロティカセブン

エロティカセブン公式バナー 全成分

果糖ぶどう糖液糖、マルチトール、デキストリン、豚プラセンタエキス末、マカエキス末、ザクロ果実エキス末、エゾウコギエキス末、カンカエキス末、フィッシュコラーゲン、クエン酸、保存料、アルギニン

ホレナミンH

ホレナミンHのバナー 全成分

馬プラセンタエキス、マカエキス、ガラナエキス、ザクロ果皮エキス/グリセリン、プロピレングリコール、グレープフルーツ種子抽出物、クエン酸、保存料(安息香酸ナトリウム)、着色料(クチナシ青)

惚れルンです

惚れルンですのバナー 全成分

クエン酸、馬プラセンタエキス、ザクロ果皮エキス、ガラナエキス、グレープフルーツ種子抽出物、プロピレングリコール、グリセリン、マカ抽出エキス、着色料、保存料

性欲UPを狙うならラブショットがおすすめ! 女性の性欲を底上げしムラムラを誘発させる成分を多く配合したラブショットは、長年多くの愛用者に支持され続けている優れた媚薬です。
女性に飲ませることを目的として購入している男性だけではなく、一度使ったらやみつきになってしまったという女性の購入者も多いです。

2021年も販売実績No1!
LOVE SHOT SP-typeL-

ラブショットSP-TypeL-の公式画像画像提供:公式サイトから引用
アドレナリン分泌促進で女性を行動的にする
血行を促進、体温を上昇させる
生薬由来の強力成分を豊富に配合
女性ホルモンの分泌を促進・調整する
イライラ抑制・精神安定を促す
男女で一緒に飲んでも◎
税込価格
お試し単品
5,379円
3個セット
12,896円
5個セット
23,652円
全成分
トンカットアリ マカ ムイラプアマ イソフラボン
果糖ぶどう糖液糖、還元麦芽糖水飴、マカエキス、ザクロエキス、ヒハツエキス末、ガラナエキス、馬プラセンタエキス、大豆胚芽抽出物、トンカットアリエキス末、スッポンエキス末、シトルリン/香料、酸味料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸)、ヘマトコッカス藻色素、アルギニン(原料の一部に大豆を含む)
466/500

販売実績No1の理由は、厳選された強力成分で確かな実感を得られるから!マカ・トンカットアリ・スッポン・ヒハツなどの性欲促進が医学的にも認められている生薬を中心に、プラセンタ・大豆胚芽抽出物・ザクロなどの女性ホルモンに影響する成分をバランスよく配合。お酒やお水に混ぜてもバレないよう、味にも工夫がされています。

度々バージョンアップされるラブショットシリーズ史上、最高の完成度だと評価が高い一品です!

ラブショットSP-TypeL-公式バナー
ラブショットSP-TypeL-の
公式サイトはコチラ!

女性の性欲のピークと減退期について

女性の生理周期解説

女性の性欲が起こる原因を皆さんはご存知でしょうか?
女性も男性と同じように脳が興奮する事によって「性的欲求」は誘発される訳ですが、女性の場合は特に生理(月経)における性ホルモンバランスの移り変わりに強く影響を受けると言われています。

一般的に排卵日の数日前に性的欲求は高まりのピークを迎え、排卵日後は減退するとされています。 これは排卵日前に性的欲求が高まることによって異性とセックスをする機会を増やし、妊娠する確率を増やすためにあります。 逆に排卵日を超えるとそこから1週間ほどは受精卵が子宮に着床し、赤ちゃんを子宮内で育てるための準備期間がはじまります。 この準備期間では体温が高くなり胃腸の働きが弱くなります。これがあの生理痛につながる訳ですね。受精卵が無事に赤ちゃんになるまでの準備期間なので、もちろん女性の性欲はかなり落ちてしまいます。

仮に妊娠しなくても女性はこのようなサイクルを約1ヶ月間隔で繰り返しているのです。このサイクルはエストロゲンとプロゲステロンという二つの女性ホルモンの分泌量の移り変わりによって引き起こされます。
エストロゲンは女性を活発的にし性欲を上げる女性ホルモンですが、プロゲステロンは体温を上げ胃腸の働きを弱める女性ホルモンです。 このため女性の性欲を上げるためにはエストロゲンがとても重要になります。

脳を興奮させて女性の性欲を一時的に上げる

生薬や漢方のイメージ

女性の性欲は生理周期とホルモンバランスの移り変わりが深く関わっていることを説明しました。
しかし当然ながら女性にいちいち生理周期を尋ねる訳にはいきません。
生理の周期関係なく、女性の性欲を一時的に上げるようなことは可能なのでしょうか。

女性の精力を上げるとしてマカ・ムイラプアマ・トンカットアリ・ガラナなど、南米で古来から精力剤として利用されているハーブがとても信頼できます。 これらのハーブは植物性アルカロイドと呼ばれる成分が豊富に含まれており、脳の興奮のブレーキ役となる神経系の働きを妨げる事によって間接的に脳を興奮させる作用があります。 あのカフェインも植物性アルカロイドの一種であり、栄養ドリンクや精力剤として広く利用されている成分です。

またマカなどは植物性アルカロイドの他に必須アミノ酸や各種ビタミン・ミネラルなどを豊富に含んでいますので、アルコールや疲労による性欲減退を防ぎます。 そして女性ホルモンの分泌を促進しつつ、脳を興奮させることによって女性の性欲を向上させることができるのです。 マカなどはアメリカの医療ジャーナルで性的欲求を向上させることが既に研究結果として発表されていますので、下項で簡単にご紹介させていただきます。

ムイラプアマのイメージ画像

ムイラプアマに含まれるムイラプアミンと呼ばれる成分がEDを改善したり、男女の性欲不振を改善する作用があるとされています。アメリカの薬用植物の専門誌には、このムイラプアマの研究結果が度々報告されています。性欲があまり無いことに問題を抱えている202人の健康な女性にムイラプアマのサプリメントを1ヶ月間服用してもらい、実感が現れるかどうかという実験が行われましたが、最低でも65%の女性が性欲が上がった・オーガズムに達しやすくなった・性的に興奮しやすくなったという研究結果があります。

Ptychopetalum olacoides (Muira puama), also called “potency wood,” grows primarily in Brazil. Popular belief claims that it can improve sexual function especially in old men. This herb may be found in plant markets or in herbal formulations, usually sold to increase physical, mental, and/or sexual performance. Few clinical studies have so far examined the prosexual effects of Muira puama. Waynberg reported in 1994 that 60% of men with low libido have reported increased sexual desire and 50% of men with poor erection have reported improved erectile function following Muira puama administration. Another study has shown that Muira puama improved sexual desire, sexual fantasies, and the ability to achieve orgasm in 65% of women with prior sexual dysfunction.
Waynberg J. Yohimbine vs. muira puama in the treatment of sexual dysfunction © Ornella Corazza
マカのイメージ画像

マカが男女の性欲を向上させる医学的な実験として2010年にアメリカのジョージア医科大学で行われたものがあります。無作為に選ばれた男女にマカが含まれたサプリメントと実際にはマカが含まれないサプリメントを用意し、2年間に渡ってEDや性的欲求の強さ・セックスの満足度が改善するかどうか実験を行なっています。実験の結果、マカが含まれていないサプリメントを飲んだグループよりも本当にマカが含まれているサプリメントを飲んだグループが男女ともセックスの満足度が改善しました。男性ではおよそ20%から30%の人々が実感し、女性ではなんと45%から50%の人々が実感できたという研究結果があります。マカには男性の勃起不全や性欲不信など人間の性機能を改善するという研究結果が各国で報告されています。

Sexual problems (or sexual dysfunction) are widespread and adversely affect mood, well-being, and interpersonal relationships. They occur in 20%-30% of men and 40-45% of women according to 18 descriptive epidemiological studies from around the world.
Maca (L. meyenii) for improving sexual function: a systematic review © Byung-Cheul Shin