フリバンセリンは必ず
注意点を守って使用しましょう

フリバンセリンの調査結果まとめ

フリバンセリンは国内の通販サイトから手軽に買える女性用媚薬ではなく、元々は抗うつ剤として開発されたアメリカの医薬品です。
その後の研究で女性の性的欲求障害の緩和に効果があることが分かり、2016年にアメリカのFDAで認可されて一般の処方箋として発売されました。
「女性用のピンクバイアグラ」とも呼ばれていて、一言でまとめれば女性の性欲向上に効果のある薬です。

なお、日本では認可が下りていないため、個人輸入代行を利用するしか入手する方法はありません。
数ある女性用媚薬の中でも、本格的な薬なので強力だと評判ですが、医薬品ゆえに使用時には多数の注意点があります。
※男性の方は決して、内緒で女性に飲ませて悪用しようと考えないでください。

フリバンセリン
の検証結果

フリバンセリンのイメージ画像
錠剤タイプ
強さ
B
即効性
B-
販売実績
A
安全性
C
成分内容
A
総合評価 280/500
公式価格(税込) 3,980円~

フリバンセリンで女性の性欲が高まる仕組みは、性欲にかかわる神経伝達物質であるドーパミンノルアドレナリンを多く発生させて脳をHな気持ちにさせやすくすることです。
FDAから認められているように効果は大きく、男性用精力剤で例えるなら、手軽に買えるサプリメントと医師から処方されるバイアグラと同じくらいの差があります。

流通している女性用媚薬の中ではトップクラスの威力を誇りますが、本国アメリカでは販売が伸び悩んでいるようです。
その要因は、男性用精力剤のバイアグラや国内で主流になっている女性用媚薬のように、行為を行う直前に飲めば効くのではなく、毎日飲み続けることで性欲の高い状態に変化させることが関係しています。

また、フリバンセリンの服用中はお酒を飲むことができないなど行動に制限を受けるのもネガティブポイント。
ピンポイントで一時的に性欲を高めるものではないので、身体の変化を実感できるようになると常にHな気分になる淫乱状態になってしまう口コミも見られました。

国内で利用する場合は個人輸入代行で入手するしかなく、一部で悪徳業者が偽物を流通させていることや、医師からの説明がないため、しっかり情報収集してから購入するようにしてください。

期待できる主な効果
  • ドーパミンとノルアドレナリンを増やして脳をHな気分にさせる
  • 抗うつ剤として開発されたので精神を落ち着く
  • エクスタシーを高めるものではない
  • 一時的ではなく慢性的に性欲の高い状態にする

フリバンセリンの
成分の詳細

成分の構造式イメージ

フリバンセリンは薬の名称ではなく成分の名前です。 主に「Addyi(アディー)」という商品が正規品として広く流通していて、主力成分のフリバンセリンによって、上述で紹介したような働きを行う医療成分です。

薬とサプリの違い 国内で流通している女性用媚薬の多くはサプリメントの一種です。
それに対してフリバンセリンはガチの医薬品として処方される薬になります。
サプリメントは身体に良い効果を得られる栄養を通じて関節的に感度を高めたり脳を刺激する仕組みです。
処方箋として処方される薬については医薬成分によって脳や疾患に直接働きかけます。

サプリメントの場合は、アレルギーや栄養の過剰摂取による副作用がある程度ですが、薬の場合は脳や血管に直接アプローチするので間違った使い方をすると、最悪のケースで死亡や高度障害に発展するリスクがあります。
一度に大量摂取したり飲酒とセットで行う行為は危険なので、フリバンセリンを使う際は注意点を理解して正しく活用してください。

おすすめの飲み方と
副作用

薬を飲む女性のイメージ

おすすめの飲み方

フリバンセリンは1日1錠を夜に毎日飲み続ける必要があります。
飲んだ直後は低血圧状態になるので日中の活動している時間に飲んではいけません。
刺激が強いので食前や空腹時の服用も控えるようにしてください。
臨床実験では3週間服用すると、約3割の女性が性欲の高まったことを実感できるようです。
服用期間中は血圧が下がる影響から飲酒ができません。

副作用について

血圧に変化を与える薬なので、低血圧をはじめ幅広い副作用リスクがあります。
飲んでみた結果、身体に異変を感じたらすぐに飲むのを止めてください。
臨床結果からは、抗うつ剤として開発されたにも関わらず、自殺願望を持つ副作用リスクが公開されているほか、嘔吐の症状が出ることもあるようです。

服用期間中にお酒を飲むのはNGで、お酒とフリバンセリンを併用すると血圧障害で大きなトラブルに発展するリスクがあるので、絶対にやってはいけません。

フリバンセリン(Addyi)の
公式サイトはこちらから(別窓)