花痴(中国産)の効果は
本当に安全なのか専門家が解説!

花痴の
検証結果のまとめ

媚薬のイメージ
液体タイプ
強さ
C
即効性
C
販売実績
C+
安全性
C
全成内容
C
総合評価 277/500
公式価格(税込) 600円

花痴を当サイトが詳しく検証した結果をまとめてみました。
まず有効成分であるINVERMA原粉をできる限り調査してみたのですが、ハーブではなくハンミョウ科の昆虫を粉にしたものだということが明らかになりました。
詳細は下にまとめておりますので、お時間のある方は是非参考にしてみてください。

多くの紹介ページをみると高麗人参の写真が掲載されているので、高麗人参の可能性がかなり高いですが、中国漢方が成分であることはほぼ間違いないようです。
中国から個人輸入しなければ購入できない上に、添加物の記載もないためかなり怪しいと思います。

600円という価格もあまりに安すぎますし、効果があるのかも疑問です。
媚薬を購入する場合は避けておいたほうが良い商品であることは間違いないのかもしれません。

同じ液体タイプの媚薬では、後発のドロップ-Drop-のほうが成分のバランスもよく評価も高い様です。

成分から見る「花痴」の期待できる効果を以下の通りにまとめてみました。

期待できる主な効果
  • 性病予防
  • 尿道を充血させる
  • 利尿作用

まだ体験できる
おすすめの媚薬について!

花痴は突然販売サイトが閉鎖されており、現在は販売中止になっているようです。

花痴と同じように媚薬効果のあるものは存在しているのでしょうか?
先ほどすこし説明したドロップ-Drop-についてまとめてみました。

2018口コミ総合No!
ドロップ-Drop-

ドロップの画像
豊富なアミノ酸で血行を促進、体温を上昇させ高揚感を上げる
女性ホルモンの分泌を促進・調整し、女性の性欲を増強
豊富なカフェインで精神を興奮させる
ムイラプアミンの催淫効果・滋養強壮作用
イライラ抑制・精神安定効果
アルコールと一緒に使って相乗効果
税込価格
お試し単品
5,378円
3個セット
9,960円
送料無料
5個セット
19,920円
送料無料
全成分
カンフル イランイラン アルギニン 柿タンニン
デキストリン、マカ抽出エキス末、ムイラプアマエキス末、ガラナ抽出物、ココアパウダー、 馬プラセンタエキス末、マンゴージンジャー抽出物、トンカットアリエキス末、トウモロコシ たん白、グリセリン、プロピレングリコール、保存料(安息香酸Na、プロピルパラベン)、増粘剤(カラギーナン)、ソルピトール、酸味料、シアノコパラミン
464/500

Dropは飲む(飲ませる)タイプの媚薬の中でも特に効果の強めな成分が配合されています。ガラナ由来の満足な効果が期待できる精神覚醒作用・強心作用があり、30分前までに使う事でより強い効果を得られるでしょう。また数個をセットで購入すれば、1個あたり3,320円(合計9,960円)で購入できます。効果の強さとコスパ面のどちらも優れている商品内容がドロップがネット上で人気である理由の一つなのではないでしょうか。

開封画像

中身を透明な容器に移した画像です。よく見ていただけるとわかりますが、植物の果肉のようなものが入っていることがわかります。ドロップにはマカ・トンカットアリ・ムイラプアマなど生薬としても用いられる植物性の成分が使われていますが、生の生薬のエキスをしぼりだしていることがわかります。これだけで効果がありそうです。舐めてみましたが若干フルーティな味がしましたがほぼ無味無臭です。

Drop-ドロップの
最新の検証結果はコチラから 
Drop-ドロップ公式バナー
Drop-ドロップの
公式サイトはコチラ!

花痴の
成分の詳細

成分のイメージ

女性用媚薬で最も重要視したいのがやはり成分だと思います。成分は効果に直接関係するだけではなく、安全性にも関わっているので購入前に必ずチェックしておきたい項目です。
液体タイプの女性用媚薬の花痴なのですが、成分がこれだけしか記載されていませんでした。

他にも様々な添加物などが配合されているはずなのですが、中国産ということもあって記載はされていないようです。 また600円という価格も成分が一つしか含まれていないからなのかもしれません。
実際に配合されている「花痴」の有効成分の一覧は以下のとおりです。

主な有効成分

スペインで開発されたハーブ抽出エキスのINVERMA原粉

スペインで開発されたハーブ抽出エキスのINVERMA原粉について 花痴の公式販売ページにはスペインで開発されたハーブから抽出されたエキスのINVERMA原粉が含まれているとされています。
この説明の仕方だとINVERMAというハーブから抽出されたエキスのように思われますが、実はスペイン語でINVERMAとは媚薬という意味があり、 実際にはどのようなハーブが配合されているのか記載されていないということになります。販売ページの一部には高麗人参のような画像が掲載されているので、ハーブの内訳は高麗人参なのかもしれません。

中国産ということもありますし、製造会社の場所から言っても中国漢方の成分である可能性が高いことはまちがいないでしょう。 しかしながらどのようなハーブが配合されているのかを記載されていないのはかなり問題があるのではないでしょうか。 女性用媚薬として成分の詳細が公式ホームページにも記載されていないのは中国産といえど、かなり怪しいのではないでしょうか。

スパニッシュ蝿のイメージ

INVERMA原粉とは実は虫のエキス?

スペインで開発されたINVERMAというものを調べてみると、蛍のような昆虫から抽出されたエキスであるような情報が外国のページに記載されていました。 この昆虫はSPANISH FLIESとされ、媚薬成分として世界中で利用されているようですね。
INVERMA抽出エキスというのは実はハーブではなくて、昆虫のエキスである可能性も否定できません。 媚薬として効果のあるとされている成分が配合されていることは確かなようなのですが、花痴の公式ページには実際の成分が記載されていない上に、価格が異常に安く、購入をおすすめできる媚薬ではありません。

使用上の注意など

ワイングラスのイメージ

効果的な飲むタイミングについて

INVERMA原粉は生薬成分でありますので、食前30分前に飲むことをおすすめします。
水で飲むことが一番効果を体感しやすいと思いますが、お酒やジュースなどに混ぜても利用できるようです。

購入方法と製造会社について

桂林市はチワン族自治区に位置する市であり、絵のような美しい風景に恵まれ世界的に知られている観光地です。 観光地の他にも中国漢方や針灸でも知られており、中国の伝統的な医療がまだ残っている地域として知られているのです。 中国に自生する薬用植物種の7割がこのチワン族自治区で育つとされており、中国内の生薬の3割を生産しているとも言われております。 茘浦生物工程株式会社は桂林市の南部に位置しており、特に多くの薬用植物が生息している地域に設立されています。 日本で知られているのは花痴という女性用媚薬のみであり、他の商品はあまり知られていないようですね。 公式販売ページを見ると国際速達郵便(EMS)で配達されるとされていますので、直接中国から個人輸入する形で購入しなければなりません。

副作用について

INVERMA原粉はハンミョウ科の昆虫の粉末である可能性が非常に高いです。
中国では芫青と呼ばれ催淫剤(媚薬)として利用されたり発毛剤や利尿剤として利用されています。
有効成分はカンタリジンで、ヒトにおける致死量は約30mgとされています。
副作用としては口内の灼熱感、腹痛、悪心・嘔吐、下痢、吐血、血尿、低血圧症があります。 大量に利用する事で昏睡状態になってしまったり、痙攣が見られ呼吸障害で死亡する可能性がありますので使用にはくれぐれも注意するようにしてください。

このページは以下の著者によって監修・編集されました
著者のイメージ画像

さとうあゆみ元ポルノ女優を経て、自らの経験から女性の性の悩みのエッセイなどの執筆を始める。性体験や媚薬の体験談など赤裸々に公開する。

著者のイメージ画像

漢方生薬・専門研究家チーム媚薬に使われている成分の効果を海外の研究結果や論文を参考に、わかりやすくまとめる新鋭チーム。