フェロモン媚薬の作用を
東洋生薬専門家が解説します!

「フェロモン」って一体なんなの?

みなさん、フェロモンという化学物質を一度は聞いたことがあるかと思います。 フェロモンは誰かの情報を他の誰かに伝える伝達性をもった化学物質で、様々な形で利用されています。

昆虫のオスがメスを誘惑するために使われていたり、動物が危険を仲間に知らせるために利用されていたり、私たち人間と違って言葉を持たない動物達が仲間と交信する手段としてフェロモンは大活躍しているのです。
人間にとってもフェロモンは重要な役割を果たしていることを皆様はご存知でしょうか。 過去には言葉の発達と共に人間のフェロモン機能は退化してしまったという学説もありましたが、研究が進んだことでその学説も現在は見直され、ヒトにおけるフェロモンは主に良好な人間関係を保つために役割を発揮しているとされています。

社会的な動物である人間にとってフェロモンは重要な役割を果たしているとされ、更に専門的な研究が進んでいる大変興味深い化学物質なのです。 特に人間で初めて発見された「性周期同調フェロモン」はとても興味深いものです。 これは女性の腋から放出されるフェロモンであり、他の女性の月経の周期を自身のものと同調させる効果があります。 寮などで集団生活を行っている女性達の月経周期が徐々に同調していく不思議な現象は、このフェロモンが原因だとされているのです。

このように人間にとってフェロモンは自身の情報を相手に伝えることによって同調させたり、何らかの行動を促す作用のある化学物質なのです。

女性が惹きつけられるのは
「性フェロモン」が原因!?

フェロモンの中でも男性から放出される「性フェロモン」には、女性を惹きつける効果があることが専門的に明らかになっています。 女性には男性の好みのタイプがあるとされていますが、女性はこのフェロモンにも好き嫌いがあるという興味深い実験データも存在します。

一般的に女性は遺伝子レベルで異なるフェロモンを持つ男性を好むとされており、思春期の女性が父親のことを避ける傾向にあるのは、父親が遺伝子レベルで似たようなフェロモンを持っているからだとされています。

また女性は性フェロモンをより多く放出している男性を好む傾向にあるとされています。 男性の性フェロモンは主に筋細胞や睾丸から分泌されているとされており、より健康な子孫を残す力のある男性ほど、性フェロモンの分泌は多いとされています。 生物学的観点から女性は本能で子孫繁栄に有利な男性に惹きつけられるということなのです。

フェロモンを有効活用した
女性用媚薬とは

香水・パヒュームのイメージ

人間にもフェロモンは重要な役割を果たしているということを専門的に解説してまいりましたが、このフェロモンを有効活用しているのが女性用媚薬なのです。 ヒトフェロモンはアメリカのユタ大学のバーライナー博士の研究により合成が可能となっており、香水タイプの女性用媚薬によく利用されています。

人間はフェロモンを匂いとして感知しますので、香水タイプの媚薬に含まれていることは極めて合理的なのです。

この香水タイプの女性用媚薬を合コンなどで利用することで、女性の本能を刺激し化学的に誘惑することが期待できるのです。
あくまで香水ですから女性に下心をさらけだすことなく、スタイリッシュに利用することができるのが香水タイプの強みですね。

ボディセンスのバナー

これで確実!?女性を虜にするフェロモン香水

フェロモン香水のボディセンスは女性を惹きつける男性フェロモンをより効率的に拡散させるためのブースターが特徴的で、「おじさん臭くない」「いやらしすぎない」「セクシーで爽やかな香り」と女性からも大好評です。
嗅覚から女性の性欲を刺激するので、素早い反応も存分に期待できます。
他にもフェロモン香水はいくつか販売されていますが、口コミ評価がダントツで高く、初めての方にもおすすめです。