LOVESHOT SP -TypeL-の
公式情報から専門家が検証!

ラブショットSP-TypeL-
の検証結果のまとめ

ラブショットSP-TypeL-の公式バナー画像提供:公式サイトから引用
液体タイプ
強さ
S
即戦力
S
販売実績
A+
安全性
A+
成分内容
S
総合評価 466/500
公式価格(税込) 5,478円

ラブショットSP-TypeL-は、媚薬としてSNSなどで拡散されたラブショット-typeL-の改良バージョンです。 成分内容からはムイラプアマ(地上部)が除外されてしまいましたが、その代わりヒハツエキスやスッポンエキス、トンカットアリエキスなど合計7種の成分が追加配合され、過去最強の完成度となっているようです。

滋養強壮や女性ホルモンの分泌を促すことが研究で証明されているマカはそのままに、パワーアップしたラブショットSP-TypeL-を成分から検証してみました。

従来版同様に、スポイトで使う液体タイプとなっていますので、量を調節しやすく、飲み物などにも混ぜやすいことが好評を得ているようです。

男性にとっても嬉しい成分が配合されていますので、男女で一緒に利用できる媚薬でもあります。

成分から見るラブショットSPの期待できる実力を以下の通りにまとめてみました。

期待できる主な作用
  • 血行を促進し体温を上昇させる
  • 女性ホルモンの分泌を促進・調整する
  • アドレナリン分泌促進で女性を行動的にする
  • イライラ抑制・精神安定を促す
  • 老廃物を排出するので美容にも◎
  • 男女で飲んでさらに感度UP
ラブショットSP公式バナー
ラブショットSP-TypeL-の
体験はこちらから!

ラブショットSP-TypeL-の
成分の解説

ラブショットSP-TypeL-の成分画像

ラブショットSP-typeL-(LOVESHOT SP -typeL-)は精力向上で有名なマカやトンカットアリ、ガラナ・すっぽん・ヒハツなどが黄金バランスで配合された女性用媚薬です。

薬局などでは市販されていない製品ですが本当に期待できるのでしょうか? 安全面や使い方も解説しつつ、検証してみました。

以下でまとめている成分は体感に直接関係するだけではなく、安全性にも関わっているので購入前に必ずチェックしておきたい項目です。 公開されているラブショットSP-TypeL-の主力成分の一覧は以下のとおりです。

従来版の成分を比べてみると、主力成分が7種類も追加されているようです。

公開されている全成分

果糖ぶどう糖液糖、還元麦芽糖水飴、マカエキス、ザクロエキス、ヒハツエキス末、ガラナエキス、馬プラセンタエキス、大豆胚芽抽出物、トンカットアリエキス末、スッポンエキス末、シトルリン/香料、酸味料、保存料(安息香酸Na、パラオキシ安息香酸)、ヘマトコッカス藻色素、アルギニン(原料の一部に大豆を含む)

従来版の全成分

果糖ぶどう糖液糖、還元麦芽糖水飴、ブドウ糖、大豆麦芽抽出物(大豆由来)、マカ抽出エキス、ムイラプアマエキス(地上部)、ザクロエキス、馬プラセンタエキス、マンゴージンジャー抽出物、ココアパウダー、コロハエキス、酸味料、保存料

Lepidium meyenii Walp

マカ抽出エキス

マカはペルーの高地で育つ野菜で、古来から精力剤として利用されてきました。 現在では全世界で健康サプリメントや滋養強壮の民間薬として利用されているため、ご存知の方も多いことでしょう。 マカはアルギニンの含有量が高く、これが滋養強壮作用の源だとされています。 アルギニンは性ホルモンの分泌を促進し、血の巡りを良くします。 また他にも亜鉛などのミネラルも豊富であり、完璧な野菜と言われるほど栄養価が高い成分です。
イギリスの科学グループであるバイオメド・セントラルでは以下のような実験が報告されています。
2年間に渡って勃起障害・性欲・セックスの満足度が改善するかどうか実験を行った結果、マカが含まれていない偽薬を飲んだグループよりも、実際にマカが含まれている正薬を飲んだグループの方が、男女ともセックスに対する満足度が上がったという報告がありました。 男性ではおよそ20~30%、女性では45~50%の人々が体感できたという研究結果があります。

Cistanche tubulosa

トンカットアリエキス

トンカットアリ(Cistanche tubulosa)は中央アジアのタクラマカン砂漠に自生する寄生植物で、古代から東南アジアや中国では民間薬として利用されてきました。

ハーブの効能の研究結果を載せているアメリカの雑誌「Pharmaceutical Biology」では、トンカットアリが女性ホルモンとテストステロン(男性ホルモン)の分泌を強化することが掲載されています。
女性用の媚薬には実はこの男性ホルモンがとても重要で、性的な欲望や活動を活発にさせます。 現地の人々からは精力剤として昔から利用されており、専門的にも立証されています。

Guarana

ガラナ抽出物

ガラナは主にブラジルで飲料として利用されており、カフェインやタンニンが豊富に含まれていることから栄養ドリンクや眠気覚しとして飲まれていることも多い植物です。 カフェインは精神刺激薬として有名ですが、ガラナのカフェインはお茶やコーヒーなどに含まれているものよりも早くて強いとされており、媚薬に向いているカフェインです。 ガラナのカフェインは通常のカフェインよりも強い強心・興奮作用が期待できます。

イソフラボン

大豆麦芽抽出物(大豆由来)

大豆には大豆イソフラボンと呼ばれる数種類のフラボノイドが含有されています。 大豆イソフラボンは女性ホルモンのエストロゲンに造りがよく似ています。 エストロゲンという女性ホルモンは、女性らしい体づくりや自律神経・感情の動きや脳の働きを整える作用があるため、女性の体調を身体面・精神面で整えてくれます。 このエストロゲンは排卵日直前が最も分泌量が多いとされており、生物学的に女性を性的に活発化させるとされています。 大豆イソフラボンは特に日本人女性との相性が良いとされている女性ホルモンの代用成分であります。

プラセンタ

馬プラセンタエキス

馬プラセンタエキスとは、馬の胎盤から抽出した成分であり、多くのミネラルやアミノ酸が含まれていることでコスメティック商品や、美容サプリメントにも配合されている成分です。 とくにフェニルアラニンと呼ばれるアドレナリンの材料となるアミノ酸の含有量が豊富です。 アドレナリンが体内で分泌されることによって、女性の体温が上昇しより活動的になり、セックスにも積極的になります。 アドレナリン分泌を促すガラナと一緒に摂取することで、相乗効果が期待できます。 またトリプトファンとよばれるアミノ酸は女性のオーガズムの際に大量に分泌されるセロトニンの分泌を促進します。

柘榴

ザクロエキス

ザクロは女性のための果実と言われているほど女性の健康や美容に嬉しい成分が含まれているフルーツです。 女性ホルモンの分泌量を調整するエストロンという成分が大量に含まれており、女性ホルモンの分泌を促すだけではなく、むくみ解消や美肌作りにも影響を及ぼすなど、まさに女性のためにある果実です。 女性ホルモンが減少してしまうと、不眠や精神不安・倦怠感などを引き起こすとされており、女性用媚薬において女性ホルモンは欠かせない要素の一つです。

ヒハツ末エキス

ヒハツ末エキス

ヒハツは胡椒科のつる性の植物で、「ヒペリン」「ピペルロングミン」「チャビシン」などの成分が、肩こりの改善、血の巡りの改善、冷え性などに有用とされ、生薬として様々な国々で利用されています。 ヒハツは女性の血行を良くすることも期待できます。 酸素が体の隅々まで運ばれるようになり、身体中心部がポカポカと温められるため、女性を活発にすることも期待できるのではないでしょうか。 インド大陸の伝統医学であるアーユルヴェーダでは、このヒハツは最も強力な薬草の一つとされています。

おすすめの使い方や
副作用について

ワイングラスのイメージ

効率的な飲むタイミングについて

LoveShot SP-typeL-の成分をご説明しましたが、これらの主力成分を最大限活用するために最も効率的な使い方をご紹介したいと思います。 ラブショットSP-TypeL-の場合、健康食品にも使われる自然由来の成分が多く配合されているため、食事の30分前に使うことをおすすめします。 合コンなどでさりげなく使う場合は、最初の飲み物に数滴たらすと良さそうです。 実力を最大限に発揮するためにも、飲み物に混ぜる場合はお水かぬるま湯を使うようにしましょう。 また事前に女性用媚薬として女性に飲んでもらうことによってプラシーボ効果も期待できるのではないでしょうか。 特定のパートナーがいる場合にはあえて女性用媚薬と伝えた上で利用するのも良いでしょう。

男女で飲むとさらに強力!

ラブショットSP-TypeL-は液体タイプの媚薬です。 液体タイプの媚薬は体に浸透しやすく、体感が現れやすいことが特徴的です。 マカやトンカットアリなどは男性向けの精力剤にも利用されている成分です。 セックスの前や最中に飲むことで、男性も性欲向上が期待できるでしょう。 ラブショットSP-TypeL-は本番から合コンという場まで、大変使い勝手が良いことが利点ですね。

副作用について

ラブショットSP-TypeL-のすべての成分を検証しましたが、添加物も含めて副作用の心配は特になさそうです。 成分の一部に大豆が含まれていますので、アレルギーのある女性には利用しないようにしましょう。 また妊娠中・授乳中の女性には、念のため使用をお控え下さい。

ラブショットSP-TypeL-の漫画part1画像提供:公式サイトから引用 ラブショットSP-TypeL-の漫画part2画像提供:公式サイトから引用 ラブショットSP-TypeL-の漫画part3画像提供:公式サイトから引用
ラブショットSP-TypeL-の
公式サイトはこちらから(別窓)