No.69の
使い方・成分を検証!

香水タイプの女性用媚薬「No.69」の根拠が凄い!

香水タイプの女性用媚薬なんて無意味だと思っている方が多いのではないでしょうか?
実際に普通の香水を女性用媚薬として売っている詐欺商品も存在しますが、アンドロステノールという成分は女性の言動や積極性に変化を与える研究結果が出ています。
有効成分がアンドロステノール100%の女性用媚薬「No.69」について、期待できる女性の変化や使用方法、注意点などをまとめました。

No.69
の検証結果のまとめ

No.69のスクリーンショット画像提供:公式サイトから引用
香水タイプ
強さ
A
即戦力
A+
販売実績
A+
安全性
S
成分内容
A
総合評価 433/500
公式価格(税込) 6,578円

No.69はスプレー容器を使用した香水タイプの女性用媚薬で、使用方法は微量をお好きな部位に吹き付けるだけです。
使い方は普通の香水と同じで、手首や首筋などへ付けると香りが相手に伝わりやすくなります。
基本的には男性が恋人を作りたい時やナンパ・お持ち帰りなどをする際に、自らの身体に吹き付けて使用します。

香りのみでアプローチする香水タイプの媚薬にも関わらず女性に大きな影響を与えられる理由は、「アンドロステノール」という有効成分によるものです。
ノーベル生理学・医学賞など多くの受賞歴があるアメリカの学者「バーバラ・マクリントック(McClintock)」らによる実験の結果から、アンドロステノールと香水タイプの媚薬の相性が良いことを確認いただけます。

期待できる主な作用
  • 違和感のない心地良い香りで大人の魅力を演出
  • 女性を引き寄せる
  • 女性を積極的にさせる
No.69のバナー
No.69の
体験はこちらから!

No.69が
人気の理由

No.69のイメージ画像画像提供:公式サイトから引用

バーバラ・マクリントック氏などの学者・研究者は、アメリカの女子学生を対象にアンドロステノールを使用した様々な実験を行いました。
アンドロステノールの働きと実験結果の概要は以下の通りです。

アンドロステノールとは

  • (揮発性分子)アンドロステノールは男性ホルモンによく似た構造
  • 女性の脇の腋(脇の下・脇腹)にも存在する
  • 女性の腋に含まれるアンドロステノールの量は月経周期と連動する
  • ステロイドホルモン分解物の一種
  • 女性がつける「おしろい」や一般の香水にも使われる「麝香」に似た香り

実験結果の概要

  • ごく微量のアンドロステノールを吹き付けた椅子と吹き付けていない椅子を選ばせると、多くの女子学生が吹き付けた椅子を選んだ
  • 夜間にこのにおいを嗅いだ女性は、翌日に男性への接触行為が増加するなどの行動学的研究が出た

女性の性欲がアップ?

女性は月経(生理)周期を繰り返していて、生理前から生理中は性欲が強くなります。
その理由のひとつがホルモンバランスの変化で、女性の性欲が強くなる月経周期の時は女性ホルモンが減少し、性欲が強くなる働きがあると言われているテストステロンおよびアンドロステノールの量が増加します。
つまり、アンドロステノール100%のNo.69を付けた場合、その香りとフェロモンによって女性の性欲が高まる月経周期の状態を人工的に作り出せる仕組みです。

おすすめの使い方

香水を吹きかけるイメージ

おすすめの使い方

No.69はコンパクトなスプレー容器に入っているため、携行しやすいです。
狙っている女性へアプローチする前に吹き付けておくことに加え、必要に応じてトイレなどで付け足しするとよいでしょう。
ごく微量のアンドロステノールで女子学生の言動や選択に変化が出た実験結果が出ているため、使用する量は1部位あたり1~3プッシュ程度で十分です。
多くの男女が心地良いと感じる香りですが、付けすぎると違和感が出てしまいます。

アンドロステノールは男性の腋(脇の下・脇腹)からも分泌されるフェロモンのため、香水を付けていることを隠して自然にアプローチするなら腋付近に付ける方法があります。
しかし、女性の嗅覚を適度に刺激できなければ意味がありません。手首や首筋、ヒジなど一般的な香水と同じ場所に付ける使い方がおすすめです。
強烈な香りではないので、衣類へ吹き付けるのも一つの手です。

類似品との違い

香水タイプの女性用媚薬は、多くの商品がアンドロステノールを使っています。
しかし、評判の悪い商品は雑多な成分で薄まっているため、女性の性欲を高める働きが弱まっています。
No.69はフェロモンの中でも優秀なアンドロステノールを100%使っていることが特徴です。

No.69の成分画像提供:公式サイトから引用 商品の強みを損なわないためにも、他の香水などと併用してはいけません。
アンドロステノールを使っている他社製品を試して満足できなかった方でも、純度100%のNo.69を試してみる価値があるでしょう。

副作用について

有効成分は男性からも分泌されるアンドロステノール100%で、その他に刺激の強い成分は使っていません。
そのため、適切な部位に適量を付ける分には、安全性が極めて高いです。
一般的な香水と比べて副作用リスクは同等以下だと捉えれば分かりやすいです。

付けすぎた場合は違和感のある香りになってしまって悪い印象を与える可能性があります。
1回1~3プッシュ程度の使用量を守り、香りが少なく感じたら小まめに付け足しをしましょう。
香水タイプ以外の女性用媚薬と併用することは問題ありません。

No.69の
公式サイトはこちらから(別窓)

No.69から
飲むリキッド媚薬が新登場!

No.69ハイパードロップのイメージ画像画像提供:公式サイトから引用

香水タイプの媚薬として人気を集めているNo69ですが、セットで使える飲むリキッドタイプの媚薬も販売開始しました。その名も『ハイパードロップ』です。
こちらは自分に使用するのではなく、相手に服用させてください。
香水との相乗効果により、これまで以上に媚薬効果が期待できる仕様となっています。

No.69ハイパードロップのバナー
No.69ハイパードロップの
体験はこちらから!