敏感にさせる乱痴姫の
媚薬効果を成分を元に検証!

乱痴姫の
検証結果のまとめ

乱痴姫の画像
クリームタイプ
強さ
A
即効性
S
販売実績
A
安全性
A+
全成内容
A+
総合評価 449/500
公式価格(税込) 3,218円

乱痴姫は数少ない塗るタイプの女性用媚薬です。

ワセリンベースの一般的な軟膏のような媚薬で、有効成分には硫酸ナトリウム・カンフルという痛みを麻痺させて皮膚を敏感にする成分が含まれています。 成分を見ると、女性が性的快感をより敏感に感じさせる効果が期待できます。女性器に直接塗ることで、女性がオーガズムに達しやすくする効果がある媚薬ということがわかります。
そのため飲む媚薬と比べて即効性が高いのが特徴です。 メントールなどの刺激性のある成分をGスポットやクリトリスなど敏感な部分に塗り込むことで、性的快感を増長させる効果が期待できるでしょう。
塗るタイプの媚薬は既にパートナーがいる男性の方に特におすすめできます。また女性がマスターべーションする際に使えば、普段と違った性的快感を期待することができるでしょう。

期待できる主な効果
  • 性感帯をさらに敏感にする
  • 血行を促進し、女性の性欲をあげる
  • 女性の体臭予防
  • 飲みすぎによる女性の性欲ダウンを防ぐ効果
  • イライラ抑制・精神をさせ気分を高揚させる
乱痴姫公式バナー
乱痴姫の
体験はこちらから!

乱痴姫の成分の詳細

乱痴姫(ランチキ)は女性の敏感な部分に直接塗ることで、女性の性的快感が増すという女性用媚薬なのですが、果たして本当に効果はあるのでしょうか。 販売ページの内容が過激であるため不安に思う方が多く、検証してほしいとのリクエストを多数いただきました。

乱痴姫で特に重要なのはやはり成分の情報では無いでしょうか。一般的でない成分が配合されているため、詳細を知りたいという声を多数いただきました。 成分は効果に直接関係するだけではなく、安全性にも関わっているので購入前に必ずチェックしておきたい項目です。 公開されている乱痴姫の有効成分の一覧は以下のとおりです。

主な有効成分

ワセリン、ミネラルオイル、ミツロウ、メントール、カキタンニン、カフェイン、カンフル、 酢酸トコフェロール、硫酸Na、グリセリン、グリシン、硫酸亜鉛、水、クエン酸、プロピルパラベン、イランイラン花油

公開されている成分は以上になります。
気になる添加物ですが、防腐剤としてプロピルパラベン、酢酸トコフェロールが配合されているようです。酢酸トコフェロールはビタミンEの別名です。
プロピルバラベンについては人工的に合成された成分ですが、化粧品に多く使われていたり、一部では食品にも使われているなど、安全性には問題ありません。

成分の内容ですが、ワセリンをベースとした自然由来の成分が配合されたクリームといったところでしょうか。
ワセリンは軟膏のベースとして医療的にも使われていますし、成分には問題がないように思います。

乱痴姫の画像
樟脳(しょうのう)の画像

カンフル

カンフルは樟脳(しょうのう)とも呼ばれる生薬成分です。クスノキの樹脂からとれる油の主成分であり、ハッカのように強い香りと刺激があります。 血行を促進し、痛み止めや痒み止めとして利用されています。刺激性のある清涼感があるため、女性の敏感な部分に塗ると程よい刺激を与えることでしょう。 女性のセックスにおける性交痛を緩和するだけでなく、血行を促進することで女性の性感帯をより敏感にする効果があります。

カンフルの血行促進効果についての実験:参考文献からの引用 We measured blood flow in skin and muscle after the application of camphor or menthol. Application of camphor or menthol separately induced increases in local blood flow in the skin and muscle. The present results indicate that camphor induces both cold and warm sensations and improves blood circulation. Camphor induces cold and warm sensations with increases in skin and muscle blood flow in human.(C)Kotaka T
粉末のイメージ

硫酸Na(ナトリウム)

硫酸ナトリウム人体に対する安全性の高い物質の1つであり、温泉の湯に含まれていることの多い成分です。
皮膚の角質を柔軟にし、古い角質を取り除く効果があり皮膚の感受性を高め、さらに敏感にする効果があると言えます。
女性器が切れてしまうことを防ぎ、皮膚の伸縮性を伸ばすため性交痛を予防する効果もあることでしょう。下剤の漢方として利用されていることもあるため、媚薬目的で使うのであれば飲むことはお勧めできません。

柿のイメージ画像

カキタンニン

実は柿は古事記や風土記などの古書物にも書かれているほど、古くから食用や薬として利用されてきた果実だということをご存知でしょうか? 独特の渋み成分であるシブオール(タンニンの一種)は薬効があるとされ、漢方などでも生薬として用いられてきました。 シブオールは性欲の妨げになる交感神経を抑える作用がありますので、飲みすぎによる女性の性欲ダウンを防ぐ効果があります。 他にも動脈硬化防止や貧血に効果がありますので、血行を促進する効果があるイランイランなどの成分ととても相性の良い成分です。

イランイランのイメージ

イランイラン花油

イランイラン花油はインドネシアをはじめとする東南アジアに自生するイランイランの花から抽出したエキスのことを指します。 専門的には「酢酸ベンジル」というエステル類が効果の元だとされており、ホルモンバランスを整える効果があるとされています。 香りは精神をリラックスさせ、性欲を向上させる効果があるため、インドネシアでは新婚初夜を迎えるカップルの枕元に置くのが伝統になっています。 実は男性にも淋病や前立腺障害の治療にも用いられており、日本でも生薬として公益社団法人に認められている成分です。

おすすめの使い方や
副作用について

乱痴姫の画像

効果的な使い方

乱痴姫はクリームタイプの女性用媚薬ですので、性行為中に使う必要があります。 乱痴姫には痛覚を麻痺させ、皮膚を敏感にする成分が含まれていますので、愛撫の際にマッサージをして塗り込むようにして使っていくのが最も効果的でしょう。 性行為中に使うため、飲むタイプの他の女性用媚薬と比べて即効性は高いのですが、使う場面が限られてしまう欠点があります。 カンフルなどは飲むと毒になってしまいますので、飲むのはもちろん肛門部分に使うことはしないようにしてください。

副作用や使用上の注意について

性器の粘膜の部分に使っても本当に大丈夫かという声をよく聞くのですが、基本的には大丈夫だと思います。 ただし直腸部分に使うと成分が過剰に吸収されてしまうため、お勧めできません。 皮膚の敏感な女性が使う場合は、行為前にすこし塗って試し、皮膚に異常がないか確かめてから使うようにしてください。

乱痴姫の画像