漢方やハーブなど
媚薬の飲む成分を
生薬専門家が解説!

飲むタイプの
女性用媚薬の成分について

錠剤・カプセルのイメージ画像

女性用媚薬の中でも最もポピュラーとも言える「飲むタイプ」の成分を専門的にご説明していきたいと思います。 飲むタイプの媚薬に最も多く含まれているのが漢方や健康食品などでも一般的な薬草(ハーブ)や、動物由来の天然成分であります。これらのタイプは滋養強壮作用があり、セロトニンや性ホルモンの分泌促進作用があるため専門的に媚薬効果は証明されています。

飲むタイプの成分は体内環境も改善しつ効果に確実性があるのが利点ですが、即効性という点では塗るタイプの媚薬に劣ります。しかしながら近年では飲むタイプの媚薬でも即効性や使用感を上げるために液体タイプのものも販売されるようになりました。液体タイプは一般的な飲み物に混ぜることもできるので、薬が苦手な女性も簡単に利用することができます。

飲むタイプの女性用媚薬は漢方と同じようにだんだん体が温まっていくように効果が時間を追って現れてくるようなものがほとんどですので、デートや合コンの際に利用するようにしましょう。 セロトニンの分泌を促進する成分ということもあり、継続的な服用をすることで女性がセックスの際にオーガズムを感じやすくなるという研究結果も出ています。 疲労や性欲不足からくるセックスレスや女性の不感症の改善にはこの飲むタイプの媚薬が最も最適だと言えます

主に見られる飲む成分のまとめ

cistanche tubulosa

トンカットアリ

トンカットアリ(Cistanche tubulosa)は中央アジアのタクラマカン砂漠に自生する寄生植物で、古代から東南アジアや中国では薬として利用されてきました。

男性ホルモンの一種である「テストステロン」の分泌を促進するアルギニンが豊富なハーブです。ハーブの効能の研究結果を載せているアメリカの雑誌「Pharmaceutical Biology」ではトンカットアリが女性ホルモンと男性ホルモンであるテストステロンの分泌を強化することが掲載されています。

女性用媚薬には実はこの男性ホルモンがとても重要で、女性の性的な欲望や活動を活発にさせる効果があります。また男性ホルモンは酵素により女性ホルモンに後々変化するため、女性の美容にも効果的です。トンカットアリは、栽培が困難なため未だに自然採集による収穫に頼っている大変貴重なハーブです。
現地の人々からは精力剤として昔から利用されており、専門的にもその効果は立証されています。

Marapuama

ムイラプアマ

南米アマゾン川流域、ブラジルが原産のハーブです。こちらもトンカットアリ同様に現地の人から精力剤として利用されており、新婚夫婦に祝いとして渡されるなど自然のバイアグラとして利用されてきたハーブです。ムイラプアマの根は特に薬効が高いと言われており、医薬品として日本をはじめとした各国に認められている成分でもあります。

血行を改善し、基礎体温をあげ女性の高揚感を促進させます。また男性の勃起不全にも効果があり、女性用媚薬の他にも様々な医薬品に配合されている成分なのです。ムイラプアマは女性のオーガズム(イク時に生じる性的快感)を引き起こす「セロトニン」というホルモンの効果を助け、子宮の筋肉が収縮することを促進しますので、より強い快感を引き起こす効果が期待できます。

Lepidium meyenii Walp

マカ

ご存知の方も多いマカはペルー原産の栄養豊富な野菜です。滋養強壮効果はもちろんのこと、アルギニンが豊富なので精力剤としても多く用いられています。トンカットアリ同様に男性ホルモンの分泌を活発化させ、女性を活発的にし性欲を向上させます。
マカはその人気の高さから日本でも栽培されるように品種改良され、アルギニンの含有率が従来の品種よりも飛躍的にアップするなどその効果は日に日に高まっていくばかりです。

イギリスの科学グループであるバイオメド・セントラルでは以下のような実験が報告されています。
2年間に渡ってEDや性的欲求の強さ・セックスの満足度が改善するかどうか実験を行なっています。実験の結果、マカが含まれていないサプリメントを飲んだグループよりも本当にマカが含まれているサプリメントを飲んだグループが男女ともセックスの満足度が改善しました。男性ではおよそ20%から30%の人々が効果を実感し、女性ではなんと45%から50%の人々が効果を体感できたという研究結果があります。マカには男性の勃起不全や性欲不信など人間の性機能を改善する効果があるという研究結果が各国で報告されています。

Lepidium meyenii Walp

ガラナ

ガラナに含まれる「ガラニン・カフェイン」は、心臓が血液を送り出す力を上げて血行を促進します。血液の循環がよくなることで酸素や栄養成分が身体中に行き渡りやすくなり、女性の疲労を回復させ活動的にさせる効果があります。 またガラナには呼吸を速くする効果もあり、女性を興奮しやすい状態にする効果があると言えるのです。一時的に運動能力を高める効果もあり、女性用媚薬をはじめとした滋養強壮の効果がある健康食品に多く配合されています。

Lepidium meyenii Walp

ヨヒンビン

ヨヒンビンはヨヒンベという植物から抽出された成分のことをいい、日本ではヨヒンビンを配合した製品は違法となっております。現在手に入れる方法は海外から輸入しなければなりません。脂肪を燃焼しやすくし女性の基礎体温を上げる効果があります。血行が促進されるため女性は興奮しやすくなり、高揚感を生み出します。報告されている副作用が多く、女性の同意なしに使うことはおすすめできません。利用する場合は必ず容量用法を守って、相手の同意を得てから使用するようにしましょう。

Lepidium meyenii Walp

コーラ種子(コーラナッツ)

コーラナッツはクリの果実ほどの大きさで、テオブロミンやカフェインが多く含まれていることから性的興奮を生み出す嗜好品として利用されてきました。酒が禁止されているイスラム諸国でもコーラナッツは禁止されておらず、人々に多く利用されています。テオブロミンはチョコレートなどにも微量に含まれており、ホルモンや神経伝達物質とくっつくことで女性に覚醒効果をもたらし、女性を興奮しやすくします。

Lepidium meyenii Walp

コブラ

東南アジアに多く生息する蛇の仲間で、毒性の強い神経毒を持っていることが多い種類の蛇として有名です。 コブラには精力増強作用・滋養強壮作用があることが有名で、良質のアミノ酸やコエンザイムが豊富です。 中でもポリアミンと呼ばれるアミノ酸は性に関わる細胞を活性化させます。

Lepidium meyenii Walp

スッポン

古くから精力剤や滋養強壮のための漢方として利用されてきたスッポンは、様々なアミノ酸やミネラルが豊富に含まれています。女性が摂取すると貧血や月経不順などを改善し、女性がよりセックスしやすい体内環境を生み出します。 スッポンはコラーゲンも豊富ということもあり、女性用媚薬にとって正にパーフェクトな成分なのです。

Lepidium meyenii Walp

サソリ

サソリは古来から滋養強壮作用のある食材として用いられてきており、豊富なアミノ酸とミネラルがたっぷりと含まれています。疲労回復に効果のあるアミノ酸が多数含まれていますので、疲労からくるセックスレスに効果的です。

Lepidium meyenii Walp

マムシ

マムシは日本に生息する出血毒を持つ毒蛇です。日本では女性用媚薬に配合される以前から精力剤として用いられており、コブラ同様に良質のアミノ酸やミネラルが豊富です。民間療法では乾燥させた身を焼酎につけたマムシ酒は有名ですね。マムシは漢方でも古代から利用されてきた歴史ある漢方なのです。

成分が充実した
女性用媚薬を見つけるために

このように錠剤やカプセルなど飲むタイプの媚薬には漢方や生薬としても利用される植物・動物由来の成分が数多く配合されていることがわかりました。

まともな媚薬なんて存在しないのではないか?
変な成分しか配合されてない危ないものだよね?
媚薬の効果なんてAV上の演出だけなんじゃないの?

成分の知識を知ったところで、どの媚薬を選べばいいのかわからないという声も多数寄せられます。
媚薬選びにお困りの方のために当サイトでは20種類以上の人気商品の成分を専門家の監修の上で検証し、わかりやすくまとめさせていただきました。