漢方やハーブなど
媚薬の塗る成分を
生薬専門家が解説!

クリームやローションの
媚薬の成分について

クリームやローションのイメージ画像

女性用媚薬の中でも即効性に優れている塗るタイプの媚薬の成分を専門的にご説明していきたいと思います。 塗るタイプのものは女性がよりオーガズムに達することができるように成分が配合されています。塗るタイプの女性用媚薬には血行促進作用のある成分を中心に配合されています。更に加齢やストレスが原因となる性交痛や潤滑油不足による不感症を予防する女性ホルモン「エストロゲン」が直接配合されているものも少なくありません。血行を促進する成分や女性ホルモンを直接女性の膣に塗ることで、女性は性的快感を得やすくなるのです。

また塗るタイプのものは直に女性の性器や乳房に使用するために即効性が高いことが特徴的です。そのために使用できる場面が限られているですが、特定のパートーナーがいる場合に起きるセックスレスや、マンネリ化、膣潤滑液(愛液)不足に大変効果的です。

また以下のページで女性の感度がアップする理由を専門的に説明しておりますので、是非参考にしていただけると幸いです。

主に見られる
塗る成分のまとめ

estrogenのイメージ

エストロゲン(卵胞ホルモン)

女性ホルモンの一種であるエストロゲン女性ホルモンの分泌不足による不感症を改善し、女性が絶頂を迎えやすい体内環境を作り出します。また加齢が原因として起こる女性ホルモン不足を緩和し、更年期障害の症状を和らげます。このエストロゲンは女性の月経の周期によって分泌される量が変わり、特に排卵日の前週ではこのエストロゲンの分泌量が最も多くなります。エストロゲンの分泌量が多くなると女性の性欲が上がったり、活発的になる効果があります。逆に月経の週ではもっとエストロゲンの分泌量が少なくなり、女性は疲れやすくなったりやる気がでないなどの症状が現れます。塗るタイプの女性用媚薬に含まれる場合は、皮膚に散布することでゆっくりと体内に取り込まれるので肝臓に負担をかけることなく利用することができます。

女性の性欲を向上させるエストロゲンの作用について:参考文献からの引用 We conclude that estrogen-only therapies that produce periovulatory levels of circulating estradiol increase sexual desire in postmenopausal women – likely via a combination of central and peripheral mechanisms. Testosterone at supraphysiological levels, but not at physiological levels, enhances the effectiveness of a low dose estrogen therapy at increasing sexual desire in postmenopausal women; however, the mechanism by which supraphysiological testosterone increases women’s sexual desire in the presence of an estrogen remains unknown. It is possible that testosterone increases women’s sexual desire via its own aromatization to estradiol, and/or via the dynamic relationship between estradiol, testosterone, and sex hormone binding globulin (SHBG). Because effective therapies require supraphysiological amounts of testosterone, it remains unclear whether endogenous testosterone contributes to the modulation of women’s sexual desire. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4720522/(C)Maurand Cappelletti
L-arginine

L-アルギニン

アルギニンは性ホルモンの分泌を活性化させる効果があります。一酸化窒素という物質を血管内に生成させ、血管を拡張し血行を促進する効果があります。このアルギニンの効果はノーベル賞を受賞するなどしたことから世に広く知られるようになり、今やアルギニンは滋養強壮作用のある健康食品には欠かせないアミノ酸になりました。シトルリンと併用することによって効果がさらに高まるという専門的な研究結果があります。

アルギニンによって体内に生成された一酸化窒素にはホルモン分泌や量の調整に深く関わっている可能性が高く、マウスを使った実験では実際にテストステロン(性ホルモン)を増やしたという研究結果が公開されています。

L-アルギニンを使ったマウス実験:参考文献からの引用 Recent studies suggest that nitric oxide (NO) may regulate hormone biosynthesis and secretion. This was tested by treating male rats with NG-nitro-L-arginine methyl ester (NAME), a NO synthase inhibitor, and measuring serum and testicular interstitial fluid testosterone and serum corticosterone, luteinizing hormone (LH), and prolactin (PRL). The effect of NG-nitro-L-arginine (NA), a less-soluble form of the same NO synthase inhibitor, on the reproductive suppressant actions of alcohol was also examined. NAME increased testosterone and corticosterone secretion dose-dependently without affecting LH and PRL secretion. The alcohol-induced suppression of testosterone or LH secretion was not altered by treatment with NA. Although effects of NAME and NA on other systems may be involved, these results indicate that testicular and adrenal steroidogenesis are negatively regulated by endogenos NO and that NO does not regulate LH and PRL secretion or inhibit the testicular steroidogenic pathway in the same way as alcohol. Nitric oxide control of steroidogenesis: Endocrine effects of NG-nitro-L-arginine and comparisons to alcohol(C)Michael L.Adams
西瓜のイメージ画像

L-シトルリン

シトルリンは体内で生成できないため外部から摂取しなければならない必須アミノ酸の1つです。アルギニン同様に血管内に一酸化窒素を生成し、血行を促進します。スイカやキュウリなどに多く含まれており、近年で最も注目されているアミノ酸の1つでもあります。男性のペニス増大サプリメントに配合されていることで有名な成分ですが、女性にも老廃物の体外排出やむくみの解消などに高い効果があり、女性用媚薬だけではなく近年女性用の美容製品にも配合されるようになりました。

アルギニンと同じようにテストステロンやプロゲステロンなど性欲に関係性のあるホルモンの分泌量改善に効果が期待されているため、今現在でも研究が進められているアミノ酸の一つです。

Lepidium meyenii Walp

マカ

ご存知の方も多いマカはペルー原産の栄養豊富な野菜です。滋養強壮効果はもちろんのこと、アルギニンが豊富なので精力剤としても多く用いられています。トンカットアリ同様に男性ホルモンの分泌を活発化させ、女性を活発的にし性欲を向上させます。
マカはその人気の高さから日本でも栽培されるように品種改良され、アルギニンの含有率が従来の品種よりも飛躍的にアップするなどその効果は日に日に高まっていくばかりです。

イギリスの科学グループであるバイオメド・セントラルでは以下のような実験が報告されています。
2年間に渡ってEDや性的欲求の強さ・セックスの満足度が改善するかどうか実験を行なっています。実験の結果、マカが含まれていないサプリメントを飲んだグループよりも本当にマカが含まれているサプリメントを飲んだグループが男女ともセックスの満足度が改善しました。男性ではおよそ20%から30%の人々が効果を実感し、女性ではなんと45%から50%の人々が効果を体感できたという研究結果があります。マカには男性の勃起不全や性欲不信など人間の性機能を改善する効果があるという研究結果が各国で報告されています。

マカのヒトにおける性欲向上作用があることを証明する実験:参考文献からの引用 Method:We searched 17 databases from their inception to April 2010 and included all randomised clinical trials (RCTs) of any type of maca compared to a placebo for the treatment of healthy people or human patients with sexual dysfunction.
Conclusion:The results of our systematic review provide limited evidence for the effectiveness of maca in improving sexual function. However, the total number of trials, the total sample size, and the average methodological quality of the primary studies were too limited to draw firm conclusions. More rigorous studies are warranted. Maca (L. meyenii) for improving sexual function: a systematic review.(C)Byung-Cheul Shin
Camphor

カンフル

カンフルは樟脳(しょうのう)とも呼ばれる生薬成分です。クスノキの樹脂からとれる油の主成分であり、ハッカのように強い香りと刺激があります。 血行を促進し、痛み止めや痒み止めとして利用されています。刺激性のある清涼感があるため、女性の敏感な部分に塗ると程よい刺激を与えることでしょう。 女性のセックスにおける性交痛を緩和するだけでなく、血行を促進することで女性の性感帯をより敏感にする効果があります。

カンフルの血行促進効果についての実験:参考文献からの引用 We measured blood flow in skin and muscle after the application of camphor or menthol. Application of camphor or menthol separately induced increases in local blood flow in the skin and muscle. The present results indicate that camphor induces both cold and warm sensations and improves blood circulation. Camphor induces cold and warm sensations with increases in skin and muscle blood flow in human.(C)Kotaka T

成分が充実した
女性用媚薬を見つけるために

このようにクリームやローションなど塗るタイプの媚薬には漢方や生薬としても利用される植物由来の成分が数多く配合されていることがわかりました。

敏感な部分に塗っても本当に大丈夫?
変な成分しか配合されてない危ないものだよね?
媚薬の効果なんてAV上の演出だけなんじゃないの?

成分の知識を知ったところで、どの媚薬を選べばいいのかわからないという声も多数寄せられます。

また実際には塗るタイプの媚薬よりも飲むタイプの媚薬の方が成分や効果が優れていると口コミで人気を集めています。

媚薬選びにお困りの方のために当サイトでは20種類以上の人気商品の成分を専門家の監修の上で検証し、わかりやすくまとめさせていただきました。

おすすめ性感助長クリーム!
ABA-ZURE

あばずれイメージ画像
清涼感のある刺激が女性の性的快感を助長
性交痛を緩和する
興奮や陶酔作用のある香料
アルコールによる女性の性欲ダウンを防ぐ
女性の体臭を防ぐ
血行を促進、体温を上昇させ感度を上げる
税込価格
お試し単品
4,298円
2個セット
8,596円
3個セット
12,895円
全成分
カンフル イランイラン アルギニン 柿
水、PG、グリセリン、ミネラルオイル、アルギニン、カキタンニン、乳酸Na、カフェイン、β-グルカン、ヒアルロン酸Na、ワセリン、アルガニアスピノサ核油、カンフル、メントール、酢酸トコフェロール、ショウガ根エキス、(アクリレーツ/アクリル酸アルキル(C10-30))クロスポリマー、PPG-6デシルテトラデセス-30、BG、エタノール、メチルパラベン、イランイラン花油、ノバラ油
446/500

ABA-ZURE潮吹きや膣内オーガズムを達成し、女性がよりセックスを楽しめるように作られたクリームタイプの媚薬です。 強過ぎない刺激性のあるメントールやカンフルなどの成分が女性器を刺激し、性的快感を助長する効果が期待できます。 カンフルは痛みやかゆみを和らげる軟膏の成分としても使われているため、性交痛を和らげる効能が期待できるでしょう。 女性の興奮を助ける「とろとろ」クリームは催淫効果があり、成分からいっても大変おすすめできる製品なのではないでしょうか。

ABA-ZUREの開封画像7

中身を分かりやすいように取り出して見ました。軟膏のように粘度が高いという感じよりは若干水分を含んだトロトロした感触なのは確かです。色は白濁色で精液のようです。匂いは軽くメントールの爽やかな匂いがしました。肌につけるとひんやりとしており、良く伸び乾きにくいようなのでローション代りにも使えそうです。

ABA-ZUREの
最新の検証結果はコチラから 
ABA-ZURE公式バナー
ABA-ZUREの
体験はこちらから!