媚薬の副作用に注意!
危ない成分を専門家が解説

女性用媚薬の
副作用と安全性について

研究のイメージ画像

女性用媚薬には残念ながら副作用が出てしまう可能性のある成分が配合されております。 これは市販で売っている生薬でも副作用が出るように、漢方成分が配合されている媚薬にも副作用はあるのです。当サイトで推奨している女性用媚薬は漢方・生薬のスペシャリスト監修の元ご紹介している媚薬ですので、比較的安全な媚薬ですが用法・用量は守るようにしましょう。

飲むタイプの媚薬で起こりうる副作用とは?

飲むタイプ媚薬の成分には主に血行を促進するものや、中枢神経を刺戟するカフェインなどの成分が配合されていることが多いのが特徴的です。いずれも心臓に負担がかかってしまう可能性がありますので、血圧の高い方や肝機能に問題がある女性に使うことは避けてください。成分にもよりますが、他にも顔のほてり・頭痛・腹痛・神経過敏・精神的不安・悪寒・動悸などの副作用が考えられます。

塗るタイプの媚薬で起こりうる副作用とは?

塗るタイプ媚薬の成分には散布箇所の血行を促進するカンフルやメントールなどの刺激性のある成分が配合されていることが多いのが特徴です。薬局で市販されているお薬にも配合されている成分ですので、危険ということはありませんが、女性の敏感な箇所に塗ると肌荒れや蕁麻疹などを引き起こす可能性があります。あらかじめ腕など、万が一副作用の症状が現れても困らない場所に少量を塗り30分ほど放置するパッチテストを行いましょう。皮膚の敏感な女性と利用する場合はアレルギーやスキントラブルが起こらないか確認することが大切です。

香水タイプの媚薬で起こりうる副作用とは?

香水タイプの媚薬の成分経口摂取をするわけではないので、副作用の可能性は極端に低いです。わずかですがアルコール成分が使われている場合が多いので、極端にアルコールに弱い方だと香水に触れた肌の部分に赤みが出てしまう可能性があります。また香りについても体質に合わなかったりすると、吐き気を催したり頭痛を引き起こす可能性があります。香りの感じ方は人それぞれなので、明確な副作用の避け方というものはございませんが、利用中に体調が優れない場合は利用を中断しましょう。

海外製のものは副作用あり?日本製は安全?

日本で手に入れることのできる海外製の媚薬は日本の厳しい安全基準を満たして販売されているものですので、危篤な副作用はあまり心配する必要はありません。 しかしながら媚薬を中国などから個人輸入する場合は、安全性の確かではないものも多いので、女性の飲み物に混ぜるようなものは個人輸入した海外製のものを利用することは推奨できません。 過去に麻薬成分の配合された中国産のものを個人輸入し逮捕されてしまったケースもあったり、海外製の女性用媚薬の成分には安全性に問題がある成分が配合されている場合も多いのです。 海外の媚薬を個人輸入して使う場合は最低限女性の合意を得て使用するようにしましょう。

お酒と媚薬を一緒に飲むのは安全?

合コンの席などで女性用媚薬を利用する場合、アルコールを含む飲み物に混ぜて利用することは安全なのでしょうか?少量のアルコールとの飲み合わせで具体的な副作用の事例や健康被害の報告は今までありませんが、泥酔状態における女性への効果は脳中枢が麻痺している状態ですので、そもそもの女性媚薬の効果が現れない可能性があります。 適度に酔っ払っている状態で精神状態がリラックスしていると、副交感神経が優位に働いている状態ですので、飲むタイプの媚薬の成分の効果が高まる可能性がございます。