媚薬をさらに強く…
専門家がオススメする使い方!

媚薬の力を
より効率的にする使い方!

錠剤・カプセルのイメージ画像

女性用媚薬を購入しても一体どうやって使えばいいのかわからない方のために、媚薬の力を最大限にするような使い方を解説しています。 「塗るタイプ・飲むタイプ・香水タイプ」の得意とする場面や、成分から見た媚薬の効率的な使い方など必見の情報です。

女性とセックスを楽しむために基本的な知識を身につけてから媚薬を利用するようにしてください。
媚薬をうまく利用することで淡白な女性でも性的な快感を感じやすくなり、セックスを楽しむことができるのです。

あなたのニーズに合わせてぴったりの女性用媚薬を見つけてください。

塗るタイプの上手な使い方

クリームや軟膏のイメージ画像

塗るタイプの媚薬の使い方についてわかりやすく解説させていただきます。 塗るタイプの媚薬は女性の体に直に塗布するものなので、セックス本番向けのタイプになります。 それだけにマンネリ感があるセックスを更に盛り上げたり、体感までの時間が短いので女性に強い快感を感じてもらう場合にはもってこいの媚薬なのです。

ただし使うことのできる場面がセックスの最中のみであるので、初見の女性に使うことはあまり考えられません。 使う状況が限られてしまうことが難点ですが、セックスをする機会さえ手にすることができれば、女性の性交痛などを和らげるなど他にも嬉しいことが多いです。

塗るタイプは性感帯に塗り、愛撫の際に使うと良い!

それでは、塗るタイプの女性用媚薬の力を最大限にするためにはどうすればよいのでしょうか。 専門的に見て効率的な利用方法を解説していきます。 まず媚薬成分を性感帯に塗ることは間違いないのですが、女性によって性感帯は様々ですよね。

クリトリス、乳房、乳頭、うなじ・・・考えられるだけでもたくさんの性感帯があります。 これは皮膚の感覚器官の分布に個体差があるからなのですが、この感覚神経が集まっている部分を刺激することで女性は快感を得ることができるのです。

女性の性感帯を事前に知っている場合は良いのですが、そうでない場合は性感帯と思われる場所に塗るタイプの媚薬を塗布し、ゆっくりとマッサージするように刺激していきましょう 。 強弱をつけながら刺激したり場所をゆっくりと変えることによって、女性の性感帯を探るようにしてみてください。

塗るタイプの成分には血行を促進する作用のあるものや女性の基礎体温をあげる成分が配合されているので、直に塗ることで女性の感覚神経を敏感にさせることが期待できます。 塗るタイプの女性用媚薬は新たな性感帯を開発するのにも大変優れています。

飲むタイプの上手な使い方

錠剤・カプセルのイメージ画像

生薬としても利用される成分が配合されている飲むタイプの媚薬の使い方はどのようにすれば最大限力を発揮することができるのでしょうか。

ちなみに飲むタイプというのは錠剤や液体のものなど、最も一般的な媚薬のことを指します。 飲むタイプには血行を促進する成分や性ホルモンの分泌を促進する成分が配合されていることが特徴的ですね。

基本的には女性の性欲をあげる成分が配合されているので、まだセックスをしたことのない女性に飲ませてその気にさせたり、セックスレスの解消にも期待できます。 飲むタイプの女性用媚薬は体感が現れるまでにすこし時間がかかりますので、飲ませるタイミングがとても重要だと言えそうです。

食前30分前に利用すると良い!

飲むタイプの媚薬は飲ませるタイミングがとても重要だとわかったところで、具体的にいつ飲ませればいいのかをご説明していきたいと思います。 飲むタイプのものには生薬成分が配合されていますので、体に吸収されやすい状態で服用することがとても重要なのです。

生薬の成分が配合されている飲むタイプの媚薬は絶妙な成分バランスで成り立っています。 食後に飲むことは食べたものと胃の中で混ざり合ってしまうため、配合のバランスを崩す恐れがありおすすめできません。 一番良いタイミングというのは空腹時の食前30分前なので、合コンなどで利用の際には食べ物が来る前に使うことをおすすめします。 もっと言えば飲食店に入ってお水が出されたときが一番ベストな飲むタイミングです。

何故なら生薬成分は水かぬるま湯で摂取した際が最も力を発揮できるからです。 また飲むタイプの女性用媚薬は肝機能を高める成分が配合されている場合が多いため、お酒を飲む前に「二日酔い対策」のサプリメントなどと伝えて一緒に飲むという使い方もできます。 女性に安心感を持ってもらえる上に、女性用媚薬には男性ホルモンの分泌を促す成分が配合されている場合が多いため、男性の持続力や勃起力をサポートする作用も期待できるのです。

漢方薬の飲み方(参考サイトより) 漢方薬は、作用が穏やかなので、食前に飲んだ方が良いと学びました。漢方薬は、水溶性の特徴があるので、食前服用の方が吸収がよくなると、私は考えています。厳密にいえば、食前服用とは、食前30分前、食間服用は、食後2-3時間のことをいいます。最近は、忙しい方が多いので、食直前でもよい、と説明しています。また、食前や食間服用すると、胃が弱い方は、胸がむかむかする、とおっしゃる場合もあります。そのような場合は、食後に服用をしていただいています。 漢方薬の飲み方(C)漢方のけやき堂薬局

香水タイプの上手な使い方

パヒュームのイメージ画像

香水タイプの媚薬の使い方は3つのタイプの中では一番簡単だと言えます。 媚薬水や媚薬香水などは体に散布するだけなので、副作用の心配や、時と場所を選ばずして利用できるところが大きなメリットです。

女性が本能でかぎ分けると言われているフェロモンが配合されている香水タイプは、どこに吹きかけるかが重要になってきます。 女性は男性の汗の匂いを嗅ぐと性的な興奮を覚え、気分的にも活発化するという研究結果が、アメリカのカルフォルニア大学の研究によって明らかになっています。 この実験用に使った汗は主に脇の下から分泌されたものだと言います。 実際に我々人間の性フェロモンは脇の下から分泌されていると言われています。

香水タイプは脇の下を中心に吹きかけることによって、男性がもともともっている性フェロモンを強化することが期待できます。 一般的に香水は脇の下などにデオドラントとして用いますが、この際に体臭を消してしまうとフェロモンの誘引作用は弱まってしまいます。

しかし香水タイプの女性用媚薬を代わりに吹きかけることによって、自身のもっているフェロモンを弱めることなく、消臭することができるのです。

脇の下に使い、飲むタイプの女性用媚薬と一緒に使うと効率的!

香水タイプの女性用媚薬はフェロモンの誘引力を強めることが期待できるとご説明しましたが、自分がもともと持っているフェロモンを多くするにはどうすればよいのでしょうか?

実は性フェロモンの分泌数値が高い男性というのは男性ホルモンの分泌量も高いという結果が専門的に明らかになっています。 男性ホルモンの分泌の数値が多ければ多いほど、それだけ放出される性フェロモンの数値も大きいということです。

男性ホルモンの分泌量の違う男性3名に3日間同じTシャツを着てもらい、それぞれを女性に嗅がせたところ、男性の外見は一切公開していないのにもかかわらず、やはり男性ホルモンの分泌量の多い男性の着ていたTシャツが人気を集めたそうです。

女性にとって匂いというものは男性フェロモンを受け取ることにおいてとても重要であります。 それではどうやって男性ホルモンの分泌量を多くすれば良いのでしょうか? 飲むタイプの女性用媚薬には男性ホルモンの分泌量をあげる成分が配合されているので、男性が定期的に飲むことで男性ホルモンの分泌量をあげることができるのです。

このように香水タイプでフェロモンを強化し、飲むタイプでフェロモンを増やすという使い方は生薬の研究を通して見ても大変合理的です。