媚薬の3つのタイプを
専門家が詳しく解説!

貴方にオススメ!
3つのタイプの媚薬!

女性用媚薬のイメージ画像

媚薬とは性欲を高め、より女性がオーガズムを感じることのできるサプリメントです。
現代の媚薬には漢方薬や医薬品と同等の成分が配合されているものがあり、より効果が漢方や生薬の研究によっても証明されるようになりました。

また媚薬にはいろいろな種類がございますが3つのタイプに分けることができます

このページでは各タイプのデメリットやメリットと、どのような用途で使うと良いのかを説明しています。

飲むタイプの媚薬について

AV女優が愛用しているとされる媚薬の中で、最もポピュラーだったのがこの飲むタイプの女性用媚薬。 飲むタイプの女性用媚薬ではリキッド(液体)タイプや錠剤・カプセルタイプがあります。 液体タイプはより即効性が高い場合が多く、錠剤・カプセルタイプは効果まで時間がかかりますが、より長く効果を実感できるという特徴があります。

主に見られる成分 マカ、ムイラプアマ(地上部)、アカガウクルア末、高麗人参末、ザクロエキス、馬プラセンタ、豚プラセンタ、ガラナ、スパニッシュフライエキス、INVERMAエキス、ガラナ、アルギニン、シトルリン、ココアパウダー、カカオ抽出物、シャンピニオンエキス末、カフェイン、黒胡椒抽出物、ケイヒ末など

飲むタイプのメリット

  • 数が多いので選ぶことができる。
  • 最も実績のあるタイプの媚薬
  • オーガズムに重要なホルモンバランスや自律神経を整える
  • アルコールとの相性が良い

飲むタイプのデメリット

  • 効果が現れるまで時間がかかる場合がある
  • 食事の内容に影響される場合がある
  • 成分によっては妊娠中の女性に悪影響

こんな人におすすめ! 錠剤・カプセル・液体タイプの女性用媚薬は、薬のように飲む媚薬です。 生活習慣や生理などの影響で乱れやすいホルモンバランスや自律神経が正しく働くように作用する成分を中心に配合されており、漢方や医薬品としても利用される成分です。 女性のオーガズムは自律神経やホルモンのバランス、その時の精神的状態に大きく作用されやすいのが特徴です。 飲むタイプの女性用媚薬は女性のオーガズムを引き出したい男性の方、パートナーとのセックスでオーガズムを感じることのできない悩みを抱えている女性の方におすすめです。馬プラセンタやマカなど美容に良い成分が配合されているので、錠剤タイプやカプセルタイプのものはサプリメントとして定期的に飲むことも良いでしょう。

飲むタイプの成分について詳しく読む

塗るタイプの媚薬について

塗るタイプの女性用媚薬はクリームになっており、女性の性感帯に直接散布するタイプの女性用媚薬です。 女性の性器に塗ることで摩擦を減らし性交痛を和らげたり、メントールなど刺激性のある成分が性的な刺激を増大させたりする効果があるなど、より実戦向きな媚薬と言えるでしょう。ワセリンが配合された軟膏(クリーム)タイプが主流ですが、ジェルやローションタイプのものも見られるようです。

主に見られる成分 カンフル、メントール、イランイラン花油、カキタンニン、マカ、ガラナ、ローズマリー、ケイヒ油など

塗るタイプのメリット

  • 即効性が高い
  • オーラルプレイの性的快感の助長
  • 愛撫の際に使って更に刺激を与えることが可能

塗るタイプのデメリット

  • 成分のバリエーションに乏しい
  • 性欲を生理学的に上げるような効果はない
  • 効果が男性側のテクニックに依存する

こんな人におすすめ! クリームタイプの女性用媚薬は直接性感帯に塗る必要があるため、使用できる場面は限られてしまいます。 すでにパートナーがいる男性(女性)や、パートナーとのセックスにマンネリを感じている、いつもとは違うセックスを楽しみたいという方におすすめしたい女性用媚薬です。またオーラルプレイの際に強すぎる摩擦による痛みを軽減し、メントールなどの成分が体臭の原因となる細菌を殺菌してくれる効果も期待できるため、オーラルプレイが好きだというカップルの方にも推奨しています。

塗るタイプの成分について詳しく読む

香水タイプの媚薬について

香水タイプの女性用媚薬はフェロモンと呼ばれる物質が含まれている場合が多いです。フェロモンは体内で生成され体外に放出することで異性に影響を与える物質です。 そのほか性欲を上げるとされるアロマオイルなども含まれていることが多いです。飲むタイプや塗るタイプの媚薬と比べると、効果はあまり期待できません。

主に見られる成分 イランイラン花油、人工フェロモン化学物質、エタノールなど

塗るタイプのメリット

  • デートや合コンなどに気軽に利用できる
  • 男性自身が使うため、女性の合意がいらない
  • 使う場所・機会を選ばない

塗るタイプのデメリット

  • 成分のバリエーションに乏しい
  • 成分には漢方や生薬の研究によって認められていないものもある
  • 商品に悪質なものが多い

こんな人におすすめ! 香水タイプの媚薬はどなたでも気軽にどんな状況でも利用できるということが最大の利点です。しかしながら効果が本当にあるのかは漢方や生薬の研究では認められていません。 成分も本当にフェロモンが配合されているのか怪しい商品が多数あるので、よく確認してから購入してください。一般的な男性用の香水よりも女性が好むと一般的に言われている香料が調合されているはずですので、合コンやパーティなど出会いのきっかけの場のラッキーアイテムとして使うのが良いでしょう。

香水タイプの成分について詳しく読む

20種以上の評価で
媚薬を徹底比較!

女性のイメージ画像

媚薬には大きく分けて3つのタイプがあり、それぞれデメリット・メリットがあることを説明させていただきましたがいかがでしたでしょうか。 内容を理解したところで、どの媚薬を購入すればいいのかわからないという声を多く聞きます。

そのような方のためにも、漢方・生薬のスペシャリストが監修した上で、人気を集めている媚薬を20種類以上調査しました。

成分を一つ一つ検証して、期待できる効果を海外や国内で発表されている研究論文を参考にまとめてみましたので、是非参考にしていただけると思います。 20種類以上の媚薬の検証結果一覧は以下のページからご覧いただけます。